卒園児童・保護者の声

当園は、輝くほとけの子を育てる『仏教幼稚園』です。
『明るく』・『正しく』・『仲良く』の仏教の教えに基づき、健やかな心を培います。
明るく…心と体のバランスがとれた健康な子に

正しく…正しい判断ができる思いやりのある子に

仲良く…友だちと協調できて、また自分の意見もはっきり言える子に

九品寺附属幼稚園では、仏教保育の基本として、こどもたちのたくましい心と体、自主性と協調性をバランスよく培う教育を推進いたします。
お釈迦様の生誕や悟りを開かれた日を祝ったり、命日を偲んだりあるいは、お寺のご本堂をお参りしたりと、仏教に触れる機会がたくさんあります。
様々な仏教行事・日々の生活を通じて「明るく・正しく・仲良く」の心を培い、自然とご先祖様や他社を敬う気持ちをもてるような子どもに育ってほしい。当園の保育目標であり、願いです。

教育の姿勢

体を作る『体育ローテーション』

体を作る『体育ローテーション』

当園は総合幼児教育研究会(以下総幼研)に加盟しています。その教育の特色の一つが「体育ローテーション」です。
体育ローテションとは、跳び箱、マットといった様々な器具を配列して、運動しながら、列をなして繰り返し回っていく活動です。
毎朝、子どもたちはまるで流れるプールで遊んでいるかのように、生き生きとしたまなざしで取り組んでいます。
どの子どもたちも皆共通して持っている運動本能を充足し、集団行動を通じて仲間との連帯感を楽しみながら、群れ・遊びの基礎的なルールを体験し、一人一人の運動感覚を引き出すという様々な目的が込められた活動です。

脳を鍛える『日課活動』

脳を鍛える『日課活動』

総幼研のもう一つの特色として「日課活動」があります。
日課活動とは、俳句やことわざの暗唱、本の素読、フラッシュカードなどといった 言語活動をリズム、テンポよく繰り返す活動のことです。
先生と子どもたちとの「ことば」のキャッチボールを楽しむ中で、ハイテンポで繰り返される活動が優れた負荷となり、脳をたくましく鍛えていきます。
ことばや文字を教えよう、覚えさせようといった目的ではありません。あくまでも子どもたちが楽しみながら「ことば」に対する反応の速い、いわゆる「かしこいあたま」が自然と育つということがこの活動が目的です。
中には日課活動を「お勉強」と捉える方がいらっしゃいますが、子供たちにとってはこの活動も楽しい「遊び」の一つなのです。

ページの先頭へ

英語教育

インターナショナル幼児部英語コースは、九品寺附属幼稚園の新たな試みで、いわき発の英語主体のコースとして誕生しました。仏教保育、総合幼児教育を基調に、言葉を含めた異文化体験を十分溶け込ませた保育を通じて、子どもたちが柔軟な国際感覚の芽を養っていけるような環境づくりに励んでいます。
インターナショナルコースでは、英語カリキュラムとして英語教育ソリューション『GrepeSEED』の英語カリキュラムを導入してます。
▼GrepeSEED公式サイト
GrepeSEED

1.「確実に身につける」ために

英語教育

私達が日本語を話すように、どの国の子どもたちも自然に母国語を習得します。ここに注目したのが新しい英語カリキュラムです。
つまり、文法をベースに分の構造を子どもたちに教えるのではなく、実際に子どもたちがよく経験すると思われる場面や状況155を想定し、そこで使われる表現142を選び、それらをこどもの成長に合わせて段階的に導入していきます。
このようにして母国語を習得するのと同じように、言葉をその機能に基づいて身につけさせるより、実際のコミュニケーションに役立つ英語の習得を目指します。

2.必要な語彙・表現の反復練習

英語教育

英会話の74パーセントが160の単語でなりたっていることはご存知でしょうか?この160の単語を性格に活用できることが早期にコミュニケーション能力を高める大きな鍵となります。
一般的には800から1,000語で一日の生活に使う会話がほとんど成り立っており、新カリキュラムでは、それらを含む1,050語が語彙集の中核を成しています。
子どもたちが難しいことを考えず、ただ楽しく歌ったり、お話を聞いたり英語で答えたりしながら、知らないうちにそれらを身につけられるのは、コミュニケーションに必要な表現が厳選され、計画的に組み込まれ反復されているからです。

3.日本の子どもたちに必要なフォニックス

英語教育

フォニックスとは、発音と綴りの関係のことです。 現在、英語教育の現場で主流となっているのはホリゾンタル・フォニックス(Hrizontal Phonics)で、これは英語を母国として育ち、読み方を覚える時点で最低5,000〜6,000の単語力を持っている子どもたちのために開発されたものです。
今回の英語カリキュラムでは、このホリゾンタル・フォニックスではなくバーティカルフォニックス(Vertical Phonics)を取りいれました。
これは、英語を第二の言語として習う子どもたちには、より適したもので子ども達には、より適したもので子ども達は初めて出会う単語の90%を確実性を持って読むことができる能力(attack skill)を身につけることができるのです。

4.”実際に話せる”へ

英語教育

バイリンガルになるためには、毎日最低2時間その習得する言語環境にいなければならないと言われています。しかし、それはそう簡単なことではありません。
この「現実」と「英語が話せるようになるために必要な時間」のギャップを少しでも埋めようと開発されているのが「明泉EEE教育」です。
(EEE=Extended English Environment)
幾通りもの楽しみ方が、より効果的に子ども達の興味を引き続けます。

ページの先頭へ

幼稚園の沿革

当学園は、宗教法人九品寺が、昭和49年、浄土開宗750年記念事業として九品寺附属幼稚園を、
更に昭和57年、法然上人生誕800年記念事として九品寺附属平窪幼稚園を開設したものであります。
ページの先頭へ

園長より

みなさま、こんにちは。当園のホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
合掌する園児たちの瞳が輝き、小さな手と手を合わせ瞳を閉じ、無心に拝む姿を見守り、共に遊び学ぶこと、早30年以上がすぎました。
当園は、『みずから輝く子どもを育てる』を園の信条に掲げ、今日まで地域に根ざした幼稚園として歩んでまいりました。

「いつも笑顔の子どもたち」「何事にも夢中になれる子どもたち」「みんな仲の良い子どもたち」
これらが私達が目指す子どもの姿です。

保育を通じて、子どもたちや保護者の皆様、地域の皆様と共に成長し、みんな一人ひとりがみずから輝きを放てるような幼稚園でありたい。
そう願っております。

学校法人明照学園 九品寺附属幼稚園
園長兼理事長 遠藤 顕道

ページの先頭へ