九品寺附属平窪幼稚園

園の特徴

昭和49年に宗教法人浄土宗九品寺を経営母体として九品寺附属幼稚園を開園いたしました。
翌年、学校法人化にともない浄土宗の宗祖でもある法然上人の大師号「明照(めいしょう)大師」にちなんで『明照学園』と命名。
昭和57年には九品寺附属平窪幼稚園を開園。両園合わせて3500名以上の卒園生をもつ、地域に根ざした仏教幼稚園です。
ページの先頭へ

保育時間

保育時間…午前9時〜午後2時(水曜のみ午後1時)
延長保育…午後6時半まで
受入年齢…満3歳児〜5歳児
定員数…100名(年少30名、年中30名、年長70名)
募集人数…年少35名、年中21名、年長13名
ページの先頭へ

教育方針

1.明るく・正しく・仲よく

仏教の教えに基づき、健やかな心を培います。

2.頭と身体、そして素直な人間らしい感動の心を育む。

幼児期は、心身を育む大切な時期です。当園では日常自然体の経験を楽しく積み重ねながら、何事にも積極的に関わっていく意欲、豊かな心情、健全な生活を営むために必要な態度などを育むことを目標とします。
※当園は総合幼児教育研究会加盟園です。

ページの先頭へ

見学会情報

九品寺附属幼稚園では、幼稚園の見学会をおこなっています。詳しくはこちらをご覧ください。
ページの先頭へ