採用情報

RECRUITMENT

九品寺こども園は広く門戸を開いています。
私たちと一緒に働いてみませんか?

私たちは、こんなこども園です

教職員にもそれぞれの人生があり、仕事に対する考えや価値観もまた人それぞれ。
働く人たちの人生観や価値観を大事し、人生を謳歌できる園でありたいと考えます。
結婚や出産、育児など人生のそれぞれのステージで、多様な働き方を選ぶことができます。

出産後の育児休暇、一時的な休業や復帰サポートのほか、お子さんを企業主導型保育園(職員のための保育園)やこども園に預けることもできます。
子育てがひと段落した後も、時短勤務やパートでの短時間勤務など、多様な働き方が可能です。

こんな人を待っています

前向きな人、挑戦できる人、素直で謙虚な人

前向きな人

物事にはプラスとマイナスが必ずあります。自分や他のだれかのマイナスばかりを見たり否定ばかりしていても物事は何も変わりません。物事のプラスの面を探したり、前向きに物事を捉えることができる人を待っています。今、そうできなくてもいいんです。前向きになりたいと思う人を、私たちは歓迎します。

挑戦できる人

人生、うまくいかないことはたくさんあります。でも、それにめげずに挑戦する人を歓迎します。失敗しない人間はいません。失敗したら反省し、次に生かすこと。失敗を失敗のままで終わらせなければ、それは失敗ではありません。挑戦し、失敗して成長しましょう。私たちの成長は、必ず子どもたちのためになるはずです。

素直で謙虚な人

自分の経験や能力におごりたかぶっては、そこで成長は止まってしまいます。様々な年齢、職種の方が働いている園です。人の言うことに素直に耳を傾け、あらゆる視点から謙虚に物事をとらえ、自分のいままで培った経験・知識などを掛け合わせることで、個人は成長し、組織として成長できるのだと思います。

英語教育

先輩たちの声

現役の先生3人に、就職のこと、日々のこと、幼稚園で働くことについて聞きました。

園長メッセージ私たちも、子どもたちに育てられている

大人になるにつれて、私たちは様々な経験や知識を手に入れます。しかし、何かを手入れるということは、何かを捨てるということでもあります。子どものときに感じた想いを忘れてしまったり、子どものときには出来たことができなくなってしまったり。

しかし、私たちは、幼児教育を通じて、忘れてしまったものを思い出したり、気づき直すことができる。私たちは、子どもたちから様々なものを教えられ、育てられてもいるのです。

私たちは子どもたちに対する感謝を忘れてはならないと思うのです。私たちは、教え、教えられ、学び、愛場される関係にあります。そこには、一方的な関係は存在しません。だからこそ、子どもたちに感謝し、子どもたちとの日々を大切にして欲しい。常々、職員たちにはそんな話をしています。

もうひとつ、大事なことがあります。私たちの教育方針である「明るく・正しく・仲よく」は、働く人たちにも向けられているということです。職員たちがそれを理解し、行動指針として意識しなければ、子どもたちにメッセージを伝えられないはずです。「明るく・正しく・仲よく」。この意味を噛み締め、日々の仕事に当たろうとする。そんな姿勢を持つ人を、私たちは求めています。

子どもたちの成長を間近に見られる仕事は、こども園ならでは。私たちと一緒に、子どもたちと一緒に、九品寺こども園で働いてみませんか? 私たちは、幼児教育を志すすべての人たちに門戸を開いています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

九品寺こども園園長 遠藤弘道

※学校法人明照学園 複数施設での募集です。